日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コンサート中 暴漢に襲われた松田聖子

■1983年3月

 1983年、デビュー3年目でトップアイドルとして活躍中だった松田聖子(当時21)がコンサート中に暴漢に殴られる事件が起きた。
 3月28日夜、沖縄市の市営体育館では「松田聖子スプリング・コンサート」が開催されていた。始まってから約1時間後の午後7時40分ごろ、聖子が「渚のバルコニー」を歌いはじめた。

 ちょうどサビにかかったところだった。舞台下手から、がっしりした体形の男が現れ、聖子のもとに駆け寄った。
 あっという間の出来事だった。男は長さ40センチほどの金属の棒状のものを振りかぶる。棒は聖子の右側頭部に容赦なく打ちつけられた。男の打撃は一発では終わらず、5回ほど続いた。場内は事態に気づいた観客が上げる悲鳴のような声で騒然となった。

 やっと我に返った警備員やスタッフがステージに駆け上る。5、6人の警備員が暴漢を取り囲んで取り押さえた。聖子は顔面蒼白(そうはく)。失神したような様子でスタッフに抱きかかえられ、そのまま病院に運ばれた。失神状態からは脱したものの、体も震え、涙を流し精神的なショックは大きかった。彼女は右側頭部と右手首にそれぞれ裂傷と打撲傷を受けていた。レントゲンやCTを撮った結果、骨折や脳内出血はなかったが、その日は入院することになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事