村西作品でデビュー 現役の沙羅樹はデリヘルと二足の草鞋

公開日: 更新日:

 AVで名を成した監督はあまたいるが、究極は“AVの帝王”村西とおる監督だろう。「ナイスですねぇ」が擁した黒木香、卑弥呼、藤小雪、飯島愛、桜樹ルイ、松坂季実子、乃木真梨子、田中露央沙などの女優軍団は業界を席巻したが、その中で忘れがたい女優が1人いる。「ビロードのような肌を持った」と形容された沙羅樹さん(46)だ。今どうしているのか。

「今でも現役ですよ。AV業界は熟女ブームが続いてるじゃないですか。で、アラフォーのワタシにも出番があるってわけ。といっても、年に1、2本ですけどね。最新作は『夢にまで見た3Pセックス』とか『四十路レジェンド』かな。昔は20代前半で女優生命は終わりだったのに、今は中年女性がもてはやされる。世の中変わったし、ワタシにとってはいい時代になりました、フフフ」

 小田急線町田駅近くのカフェで会った沙羅さん、こういって微笑した。胸の膨らみが目立つ黒のセーターにジーンズ姿。いるだけで色っぽいッス。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  7. 7

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  8. 8

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  9. 9

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  10. 10

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

もっと見る