「枕営業」実態は? 杉原杏璃が明かした“お誘い”のかわし方

公開日:  更新日:

 グラビアアイドル・杉原杏璃(33)が官能小説「……and LOVE」を発表して話題になっている。主人公は杉原と同じく「アンリ」。広島から上京するときに別れた地元の彼氏、グラビア引退まで考えるきっかけになる年下の彼氏……。業界の描写や濃厚な濡れ場はリアルそのものだが、これはあくまで“小説”。実話なのか、フィクションなのか? 「そこが一番ポイントというか想像を膨らませてほしいところですね」といたずらっぽく笑う杉原。作中には“仕事をもらうために、男の人とする”“おっぱい星人の編集長に弄ばれちゃう”という“妄想”も全開。業界の定説ともいうべき「枕営業」についても聞いてみると――。

 枕営業の話は聞いたこともあるけど、それで“上”に行った人は聞いたことがない。もし、上がったとしても短いんだろうなと思います。確かに、業界の方からのお誘いも冗談か真剣か、たまにはあるけど、グラビアはある程度、エロの対象だから、「挨拶」だと捉えられるようになりました。始めて2、3年したら「私が結婚逃したら相手してください」とかわす技術を身につけましたね。グラビア女子会をすると「○○さんがすごい誘ってきたんだけど、メール来た?」「私にも来た!」「文章コピペじゃん!」と盛り上がることもあります(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る