日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“肉体”使う夜の女たち…気になる「枕営業」のエッチな実態

 驚いて笑った人も少なくないだろう。

 東京地裁が昨年4月に下した判決が話題になっている。会社社長が約7年にわたって銀座のクラブママと性的関係にあり、妻が「精神的苦痛を受けた」とママに400万円の慰謝料を求めた裁判。裁判官はママの「枕営業」を「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」とし、賠償請求を退ける判決を出した。

 さらに「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実」と指摘。要するにママは売春のように仕事でセックスをさせたのであり、結婚生活に害を及ぼさない。そうした女性が存在することは世間の常識というわけだ。なんとも大胆な判決ではないか。

 気になるのは枕営業の実態だ。「俺は一度もいい思いをしたことがない」という読者がほとんどだろうが、実は夜の女たちは肉体を使っている。フリーライターの中川唯恩氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事