“肉体”使う夜の女たち…気になる「枕営業」のエッチな実態

公開日:  更新日:

 驚いて笑った人も少なくないだろう。

 東京地裁が昨年4月に下した判決が話題になっている。会社社長が約7年にわたって銀座のクラブママと性的関係にあり、妻が「精神的苦痛を受けた」とママに400万円の慰謝料を求めた裁判。裁判官はママの「枕営業」を「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」とし、賠償請求を退ける判決を出した。

 さらに「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実」と指摘。要するにママは売春のように仕事でセックスをさせたのであり、結婚生活に害を及ぼさない。そうした女性が存在することは世間の常識というわけだ。なんとも大胆な判決ではないか。

 気になるのは枕営業の実態だ。「俺は一度もいい思いをしたことがない」という読者がほとんどだろうが、実は夜の女たちは肉体を使っている。フリーライターの中川唯恩氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る