“肉体”使う夜の女たち…気になる「枕営業」のエッチな実態

公開日: 更新日:

 驚いて笑った人も少なくないだろう。

 東京地裁が昨年4月に下した判決が話題になっている。会社社長が約7年にわたって銀座のクラブママと性的関係にあり、妻が「精神的苦痛を受けた」とママに400万円の慰謝料を求めた裁判。裁判官はママの「枕営業」を「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」とし、賠償請求を退ける判決を出した。

 さらに「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実」と指摘。要するにママは売春のように仕事でセックスをさせたのであり、結婚生活に害を及ぼさない。そうした女性が存在することは世間の常識というわけだ。なんとも大胆な判決ではないか。

 気になるのは枕営業の実態だ。「俺は一度もいい思いをしたことがない」という読者がほとんどだろうが、実は夜の女たちは肉体を使っている。フリーライターの中川唯恩氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る