活動再開の平山みき 「真夏の出来事」歌詞に隠された秘密

公開日: 更新日:

「こんなことなら、あの時、みきちゃんにハッキリ言っておけばよかったなぁ」――「真夏の出来事」を作詞した橋本淳氏(76)は今頃ポリポリと頭をかいているのではないか。

「真夏の出来事」の大ヒットで知られる平山みき(66)が20年ぶりに横浜で行うライブツアーを皮切りに、歌手活動を本格再開するという。ツアーではデビュー曲の「ビューティフル・ヨコハマ」、ニューシングル「真夏の出来事~ナウ・アンド・ゼン」のほか71年に作られた「真夏の出来事」も目いっぱい披露する。

 オールドファンにとって平山の活動再開はまことに結構なことだが、橋本先生が心配しているのは歌詞の内容だ。

♪悲しい出来事が起こらないように
♪朝の冷たい海は鏡のように

 などの歌詞でお馴染みのこの歌は、一般には若者同士の悲恋の歌と理解されているが、実はとんでもないヒミツが隠されていた。それはズバリ「カーセックス」。かつて本紙に「詞と戯れて」を連載していた橋本氏自身がこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る