活動再開の平山みき 「真夏の出来事」歌詞に隠された秘密

公開日:  更新日:

「こんなことなら、あの時、みきちゃんにハッキリ言っておけばよかったなぁ」――「真夏の出来事」を作詞した橋本淳氏(76)は今頃ポリポリと頭をかいているのではないか。

「真夏の出来事」の大ヒットで知られる平山みき(66)が20年ぶりに横浜で行うライブツアーを皮切りに、歌手活動を本格再開するという。ツアーではデビュー曲の「ビューティフル・ヨコハマ」、ニューシングル「真夏の出来事~ナウ・アンド・ゼン」のほか71年に作られた「真夏の出来事」も目いっぱい披露する。

 オールドファンにとって平山の活動再開はまことに結構なことだが、橋本先生が心配しているのは歌詞の内容だ。

♪悲しい出来事が起こらないように
♪朝の冷たい海は鏡のように

 などの歌詞でお馴染みのこの歌は、一般には若者同士の悲恋の歌と理解されているが、実はとんでもないヒミツが隠されていた。それはズバリ「カーセックス」。かつて本紙に「詞と戯れて」を連載していた橋本氏自身がこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る