• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

活動再開の平山みき 「真夏の出来事」歌詞に隠された秘密

「こんなことなら、あの時、みきちゃんにハッキリ言っておけばよかったなぁ」――「真夏の出来事」を作詞した橋本淳氏(76)は今頃ポリポリと頭をかいているのではないか。

「真夏の出来事」の大ヒットで知られる平山みき(66)が20年ぶりに横浜で行うライブツアーを皮切りに、歌手活動を本格再開するという。ツアーではデビュー曲の「ビューティフル・ヨコハマ」、ニューシングル「真夏の出来事~ナウ・アンド・ゼン」のほか71年に作られた「真夏の出来事」も目いっぱい披露する。

 オールドファンにとって平山の活動再開はまことに結構なことだが、橋本先生が心配しているのは歌詞の内容だ。

♪悲しい出来事が起こらないように
♪朝の冷たい海は鏡のように

 などの歌詞でお馴染みのこの歌は、一般には若者同士の悲恋の歌と理解されているが、実はとんでもないヒミツが隠されていた。それはズバリ「カーセックス」。かつて本紙に「詞と戯れて」を連載していた橋本氏自身がこう語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る