元巨人・野村貴仁が“自伝”出版 清原と薬物やりとりの章も

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博(49)と巨人時代に同僚だった野村貴仁(47)が、今月28日に「再生」(1300円・角川書店)というタイトルの自伝を出版する。

 5月31日に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた後、沈黙を守っている清原との薬物を巡るやりとりを振り返っている章もある。野村は2月3日の清原氏の逮捕劇以降、「98年から01年までの巨人時代にチームメートだった清原に薬物を渡した」と繰り返して発言。清原が現役時代から覚醒剤を使用していたかどうか、改めて注目が集まるのは必至だ。

 同書では、野村が現役引退後の06年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた当時のエピソードもつづられている。

 出版元のKADOKAWAの担当者は「幼少期から現在までの波瀾に満ちた半生を振り返り、清原さんとのエピソードも含め、ハチャメチャな人が集まっていた球界で愚直に野球に向き合った野村さんの不器用な生きざまを知って欲しい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る