元巨人・野村貴仁が“自伝”出版 清原と薬物やりとりの章も

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博(49)と巨人時代に同僚だった野村貴仁(47)が、今月28日に「再生」(1300円・角川書店)というタイトルの自伝を出版する。

 5月31日に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた後、沈黙を守っている清原との薬物を巡るやりとりを振り返っている章もある。野村は2月3日の清原氏の逮捕劇以降、「98年から01年までの巨人時代にチームメートだった清原に薬物を渡した」と繰り返して発言。清原が現役時代から覚醒剤を使用していたかどうか、改めて注目が集まるのは必至だ。

 同書では、野村が現役引退後の06年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた当時のエピソードもつづられている。

 出版元のKADOKAWAの担当者は「幼少期から現在までの波瀾に満ちた半生を振り返り、清原さんとのエピソードも含め、ハチャメチャな人が集まっていた球界で愚直に野球に向き合った野村さんの不器用な生きざまを知って欲しい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る