元巨人・野村貴仁が“自伝”出版 清原と薬物やりとりの章も

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博(49)と巨人時代に同僚だった野村貴仁(47)が、今月28日に「再生」(1300円・角川書店)というタイトルの自伝を出版する。

 5月31日に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた後、沈黙を守っている清原との薬物を巡るやりとりを振り返っている章もある。野村は2月3日の清原氏の逮捕劇以降、「98年から01年までの巨人時代にチームメートだった清原に薬物を渡した」と繰り返して発言。清原が現役時代から覚醒剤を使用していたかどうか、改めて注目が集まるのは必至だ。

 同書では、野村が現役引退後の06年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた当時のエピソードもつづられている。

 出版元のKADOKAWAの担当者は「幼少期から現在までの波瀾に満ちた半生を振り返り、清原さんとのエピソードも含め、ハチャメチャな人が集まっていた球界で愚直に野球に向き合った野村さんの不器用な生きざまを知って欲しい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る