ピエール瀧には以前から奇行情報…マトリはなぜ“今”動いた

公開日: 更新日:

 コカインを摂取したとして12日、関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)に逮捕された、俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)。マトリは半年以上の内偵期間を経てようやく瀧の逮捕に踏み切ったという。

「マトリは売人などから具体的な瀧容疑者の薬物摂取の情報を得ていたといいます。しかし、コカインは即効性が高い半面、2日程度で体内から抜けてしまい、尿検査に引っ掛からない可能性が高い。体内に何日間も残り続ける覚醒剤の捜査に比べて捜査は何倍も難しいと言われており、今回のマトリの逮捕劇はイチかバチかの賭けでした。自宅や車を家宅捜索したものの“ブツ”が見つからず、任意同行を求めて尿を調べると陽性反応が検出されました。瀬戸際の逮捕だったのです」(捜査事情通)

 瀧容疑者の薬物使用については、業界関係者の間で以前から囁かれていたという。しかしそれは、あくまで“テンションが高いオジサン”程度の噂の域を出るものではなく、なかなか尻尾を出すことはなかった。それは報道機関としてはバツグンの取材力を誇るNHKの“身体検査”にも引っ掛からず、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演していることからもうかがえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る