本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

自腹でCD購入 “歌手・かとうれいこ”を全力でバックアップ

公開日: 更新日:

 堀江しのぶのスカウトで一躍、芸能界の新星となった芸能事務所イエローキャブと野田義治代表。

 だが堀江しのぶはスキルス性胃がんによって23歳の若さで急逝した。稼ぎ頭の死によって、野田義治は窮地に立たされる。

 野田は本業のプロダクション経営と同時に、イメージビデオを毎月発売するパワースポーツというビデオメーカーで、プロデューサーとして活動し、毎月300万円以上の報酬を得るようになった。闘病中だった堀江しのぶの医療費や生活費をまかなう貴重な収入源になった。パワースポーツを率いるのは、ダイヤモンド映像というメーカーを率いるAVの帝王、村西とおるだった。

「村西監督と野田さんは、大人同士、気が合う仲でしたね」

 ダイヤモンド映像の助監督・ターザン八木が証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る