沸き立つ半グレ集団「闇営業」問題はお笑い界全体に波及も

公開日: 更新日:

 今度はお笑いコンビ、スリムクラブが指定暴力団の関係者が同席するパーティーに参加したことが明らかになった。これで吉本興業の謹慎芸人は13人になったが、これから他の芸能事務所に闇営業問題が“飛び火”するのは避けられそうにない。

「所属事務所を通さず“内職”をする芸人はいくらでもいます。問題は、仕事の依頼者が反社会勢力かどうかですが、芸人が相手の素性を完全に見極めるのは不可能に近いといえます。基本的にヤクザや半グレ集団は目立ちたがり屋が多いのですが、今回、闇営業が世間で大きな話題になっていることに味をしめているようです。今回のスクープを出したフライデー以外の週刊誌などに、盛んにネタの売り込みが行われています。吉本興業以外の芸人の名前も複数挙がっています」(芸能関係者)

 パンドラの箱が開けられ、芸能界は、テレビ局と広告代理店を巻き込んだ大パニックに陥りそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る