堀潤さん原風景 編集マンが煙をくゆらせながらOKを出す姿

公開日: 更新日:

 精神科医の名越康文さんが情報番組のMCとして活躍する堀潤さんが考えるメディア像を掘り下げます。意外な原風景から知られざる一面にも話は及んで……。

  ◇  ◇  ◇

名越 年金問題など、私たちの暮らしが大きな不安に包まれる中、今月には選挙が行われます。メディア人としてどのように伝えたいですか。

堀 政治を扱う際、僕はまず、自身の考えを示すようにしています。国内のテレビ番組では司会者を無色透明な存在として演出しがちですが、それは不誠実な気がして。

名越 確かに、司会者を中立に置き、論者を対立構造に当てはめるのは危険ですね。

堀 2つの選択肢から選ばせるのはプロパガンダの手法で、設問を設定した側の“勝利”となります。その仕掛けにメディアは加担してはいけない。だから司会者も含めてスタンスを明確にする必要があるし、その上で違う考えがあれば排除するのではなく、耳を傾けてみましょうと提言したいのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る