堀潤さん原風景 編集マンが煙をくゆらせながらOKを出す姿

公開日: 更新日:

 精神科医の名越康文さんが情報番組のMCとして活躍する堀潤さんが考えるメディア像を掘り下げます。意外な原風景から知られざる一面にも話は及んで……。

  ◇  ◇  ◇

名越 年金問題など、私たちの暮らしが大きな不安に包まれる中、今月には選挙が行われます。メディア人としてどのように伝えたいですか。

堀 政治を扱う際、僕はまず、自身の考えを示すようにしています。国内のテレビ番組では司会者を無色透明な存在として演出しがちですが、それは不誠実な気がして。

名越 確かに、司会者を中立に置き、論者を対立構造に当てはめるのは危険ですね。

堀 2つの選択肢から選ばせるのはプロパガンダの手法で、設問を設定した側の“勝利”となります。その仕掛けにメディアは加担してはいけない。だから司会者も含めてスタンスを明確にする必要があるし、その上で違う考えがあれば排除するのではなく、耳を傾けてみましょうと提言したいのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る