溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

商業紙誌がスクープ写真をカネで買うのは本当に悪なのか

公開日: 更新日:

 写真週刊誌「フライデー」が、このところ毎週のように吉本興業の芸人と半グレ、暴力団との癒着を報じ、テレビのワイドショーなどを騒がせている。

 先日、新聞社系ウェブ雑誌の記者から電話があり、「ああいう写真は売り込みとする説があり、編集部は有料で写真を買っているという噂がある。どう思うか」と問い合わせがあった。

 私は答えた。「私は写真週刊誌の仕事をほとんどしたことがなく、内実は知らない。推測で物を言うが、写真を編集部に売り込むにも交通費がかかり、どのような写真か説明しなければならない。だから編集部はお車代名義か何かの形で、いくらかは払っているんじゃないか。だが、出版不況の時代だ。その写真一枚で企画が立つような写真でも、せいぜい5万、10万円止まりだろう」

 すると記者は、「写真をお金で買うのは問題じゃないか」と言いだした。ずいぶんおかしなことを言うと思った。そのとき、その場にいなければ絶対撮れない写真がある。それを持ち込んだ人がいるなら、有料でも感謝して使わせていただく。当然のことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  9. 9

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  10. 10

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る