溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

反社会的勢力にも暴力団と同様の判断をした吉本の新対応

公開日: 更新日:

 吉本興業の芸人が、特殊詐欺を行う半グレの誕生祝いでトークや漫才を披露。それも、会社を通さない闇営業だったというので、同社は謹慎などの処分を下した。

 処分芸人13人の出演番組を今後どう扱うか、テレビを中心にメディアは大慌てのようだが、吉本興業の処分は当然の対応だったろう。

 あまり指摘されていない点だが、吉本の今回の処分には新対応が含まれている。従来、芸人が関係を結んでならない相手は暴力団の幹部や組員だけだったが、今回、吉本はそれを、特殊詐欺を行う反社会的勢力にまで拡大したことである。

 吉本は処分理由について「特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたとするもの」としている。反社会的勢力とは何を指すのか。

 普通「反社」と略される総称だが、警察白書によれば、「暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    北園丈琉は練習が嫌で体操教室をボイコット!【「銀」体操男子 若き4人の素顔#2】

もっと見る