ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

松尾伴内は刑事さんに「犯人の落とし方」の演技を指導した

公開日: 更新日:

「フライデー襲撃事件」の大塚署での取り調べは警察署の窓に下ろされたブラインドの隙間から白々と朝の光が漏れ始めてもなお、続けられていた……。黙秘権を主張する者、弁護士を要求する者、さらには刑事ドラマに付きもののカツ丼を出せと刑事さんに迫る者……大塚署の取調室はまさに取り調べがコント化していたのだった。しかも、これらの行為がまだ序の口であったから、我がたけし軍団、開いた口が塞がらないとはこのことなりである。

 取り調べを受けていた松尾伴内は「刑事さん、そろそろ出してくださいよ。ボク、あの設定、たまらなく好きなんですよね。耳元で囁くような呟くようなアレ、アレやられたらもうすべて話しちゃうだろうな……」「はあ? 耳元で何?」「またまた、何じゃないでしょう? あ、さっき席を少し立ちましたよね、そーだ、あの時にトイレで発声練習済ませてきたんだ! よっさすがベテラン!!」「だ、だから何? トイレ? 発声練習って?」「もー、わかってるクセに ♪母さんが夜なべをして手袋編んでくれた~、『かあさんの歌』を耳元で歌ってくれるんでしょう?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  3. 3

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  4. 4

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  5. 5

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  6. 6

    解散・総選挙で自民50議席減 単独過半数割れの衝撃データ

  7. 7

    眞子さま大学選びは失敗か 学習院なら小室さんは接近ムリ

  8. 8

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  9. 9

    大島優子は名脇役に成長 今や元AKB48で一番の「勝ち組」に

  10. 10

    広瀬すず&橋本環奈 不仲説を囁かれた二人が急接近した理由

もっと見る