ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

刑事ドラマの犯人気取り 襲撃事件取り調べで「黙秘権!」

公開日: 更新日:

「フライデー襲撃事件」で電光石火の現行犯逮捕となったたけしとたけし軍団12人の取り調べが、いよいよ大塚署では深夜であろうと容赦なく始まった……。もっとも、取り調べにたどり着くまでも警察側からしたら、決して平たんな道のりではなかったと思うのだ。

 何しろ、取り調べに入ると聞いた途端に軍団の大多数の者は「えーっ! 逮捕されてすぐ取り調べですかあ? こーいうこと(逮捕)なんてなかなかできない経験だし、数日くらい牢屋(正しくは警察にあるのは留置場だと思うが、本人たちは刑務所に入るようなテンションになっていた)に入りたいよ」や「ブタ箱の臭い飯食いたいよ~!!」「オレ、吉村昭の囚人が脱獄する小説『破獄』読んでから一度は入ってみたい! そして脱走にチャレンジしてみたいと思っていたんだよねー!」と蜂の巣を突っついたような猛反対を受けたのである。

 そんな支離滅裂な理由から取り調べ拒否を主張する我々を、取調室の椅子に座らせた刑事さんたちは並々ならぬ苦労があったことと、いま思い返しても、ただただ申し訳ない限りなのだが、取調室の中にはそれをはるかに超えた試練(?)が刑事さんたちを待ち構えていたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る