ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

刑事ドラマの犯人気取り 襲撃事件取り調べで「黙秘権!」

公開日: 更新日:

「フライデー襲撃事件」で電光石火の現行犯逮捕となったたけしとたけし軍団12人の取り調べが、いよいよ大塚署では深夜であろうと容赦なく始まった……。もっとも、取り調べにたどり着くまでも警察側からしたら、決して平たんな道のりではなかったと思うのだ。

 何しろ、取り調べに入ると聞いた途端に軍団の大多数の者は「えーっ! 逮捕されてすぐ取り調べですかあ? こーいうこと(逮捕)なんてなかなかできない経験だし、数日くらい牢屋(正しくは警察にあるのは留置場だと思うが、本人たちは刑務所に入るようなテンションになっていた)に入りたいよ」や「ブタ箱の臭い飯食いたいよ~!!」「オレ、吉村昭の囚人が脱獄する小説『破獄』読んでから一度は入ってみたい! そして脱走にチャレンジしてみたいと思っていたんだよねー!」と蜂の巣を突っついたような猛反対を受けたのである。

 そんな支離滅裂な理由から取り調べ拒否を主張する我々を、取調室の椅子に座らせた刑事さんたちは並々ならぬ苦労があったことと、いま思い返しても、ただただ申し訳ない限りなのだが、取調室の中にはそれをはるかに超えた試練(?)が刑事さんたちを待ち構えていたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る