ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

大塚署での取り調べは「太陽にほえろ!」談義で盛り上がる

公開日: 更新日:

 たけしさんとたけし軍団12人による「フライデー襲撃事件」の取り調べが大塚署内で始まった。

 最初に一人一人、身長の横線が刻まれた壁の前に直立させられ、人相写真を撮られたのだが、何しろ我々たけし軍団12人(たけしさんはすでに別の部屋にいたと思われる)にとって、逮捕、取り調べなど、人生初体験ですべてが新鮮であったから、「えーっ! ホントに写真を撮るんですねぇ? なんか刑事ドラマみたいすね!? オレ、写真の下に『WANTED』とか入れてもらっちゃおうかな!」と妙にウキウキしている輩がいた……。

 かと思えば、「じゃ、撮りますよ、ハイ」、カシャ!! とシャッター音と同時に変な顔をしたオレに対し、何事もなかったような冷静な声で、「ハイ、それはダメですよ、ちなみに、それはそのまんま東さんもやってましたから!」と指摘され、「しまった! ネタがかぶった(ネタじゃねーだろ!!)」と落ち込むオレであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る