ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

大塚署での取り調べは「太陽にほえろ!」談義で盛り上がる

公開日: 更新日:

 たけしさんとたけし軍団12人による「フライデー襲撃事件」の取り調べが大塚署内で始まった。

 最初に一人一人、身長の横線が刻まれた壁の前に直立させられ、人相写真を撮られたのだが、何しろ我々たけし軍団12人(たけしさんはすでに別の部屋にいたと思われる)にとって、逮捕、取り調べなど、人生初体験ですべてが新鮮であったから、「えーっ! ホントに写真を撮るんですねぇ? なんか刑事ドラマみたいすね!? オレ、写真の下に『WANTED』とか入れてもらっちゃおうかな!」と妙にウキウキしている輩がいた……。

 かと思えば、「じゃ、撮りますよ、ハイ」、カシャ!! とシャッター音と同時に変な顔をしたオレに対し、何事もなかったような冷静な声で、「ハイ、それはダメですよ、ちなみに、それはそのまんま東さんもやってましたから!」と指摘され、「しまった! ネタがかぶった(ネタじゃねーだろ!!)」と落ち込むオレであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る