本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

夏木マリがかけてくれた言葉に仕事を続けてよかったと実感

公開日: 更新日:

 第2の高橋英樹になりたくて広島県呉市から上京し、劇団の研究生になった野田義治だったが、いつしか淡い夢は霧散していた。あれだけ憧れたスポットライトだったが、野田は自分の代わりに自分がマネジャーとして付いているタレントがスポットライトを浴びていることがうれしかった。自分の果たせなかった夢が違った形で花開いたと素直に思えた。

 私が質問してみた。

「ピーターが以前、テレビで、同時期に営業でキャバレー回りをしていた夏木マリさんと、キャバレーの店名をひとつずつあげていくうちにふたりで泣いちゃったと話していた記憶があるんですが」

「あれホントですよ。いまは(夏木)マリさんは、一人舞台とかやってるけど、昔からそう。やっぱり歌と舞台がすべてですから。『絹の靴下』から何曲目ぐらいまで全部そういうセクシーな路線でいったわけじゃないですか。本人は嫌だったと思いますよ。でもせっかくね、何年か下積みやってて、夏木マリに変わって、売れたわけですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る