やっぱり出てきた園子温の悪評…宴席でしつこく「帰るならその女を置いていけ!」と

公開日: 更新日:

 性加害報道で揺れる日本映画界から新たに映画監督の園子温(60)の名が浮上した。

 発売中の「週刊女性」によると、「俺とヤッたら仕事をやる」と豪語し、園の作品に出演が決まった女優が事務所に呼び出されて性行為を迫られ、断ると、別の作品に出演している女優を呼び出し、性行為を始めたという。それだけでも酷い話だが、助監督に助けられ、なんとか逃げ出したと思いきや、今度は助監督にホテルに誘われたというのである。同誌には複数の告発に加え、園が送ったとされるセクハラLINEの中身も掲載されている。

 園の“性加害”は業界内では知られた話だったそうで、「昔からそういう人」(映画配給会社)、「今さら誰も驚かない」(映画プロモーター)という声も。

 日刊ゲンダイ記者も15年以上前のことだが、打ち上げの席で園と同席し、悪癖の片鱗を見たことがある。新宿の居酒屋で記者を含めた数人が帰ろうとすると「その女を置いていけ。隣に座れ!」としつこく言われ逃げ帰った覚えがある。たまたま女性が記者1人だったのが理由だが、酒癖が悪いでは済まされない。園には恐怖を感じざるを得なかった。このように園は女優陣はもちろん、隙あらば手を出していたという噂が絶えない。

映画賞を受賞でモンスター化

「映画監督はテレビ局員と違い、フリーランスだけにコンプライアンスで罰せられない権力者なのです。しかも園が次々と映画賞を受賞していくものだから、園子温ブランドにあやかりたい女優も多く、常識のタガが外れてモンスターと化した」(映画関係者)

 さらに、「性加害は園だけではない」と、ある女優がこんなエピソードを明かす。

「映画の主演が決まって、監督と渋谷で脚本打ち合わせしたあと『ちょっと休憩していかない?』ってホテルに誘われて断ったら、翌日事務所に“主演は白紙になった”って連絡がありました。まだ10代で若かったから怖かったですけど、正直、監督だけじゃないですよ。テレビ関係者も平気で誘ってきますから」

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「園さんの次に告発されるのは誰かと身に覚えのある者は戦々恐々でしょう。映画業界はこれを機に徹底的にうみを出して浄化すべき。それが結果的に芸能界全体の浄化につながるでしょう」

 鬼才と評される園だが、人間性を失ってしまっては映画界追放だけでは済まされない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  1. 6

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  2. 7

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  3. 8

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  4. 9

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  5. 10

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる