• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

誠実売買の古本屋<西新井>

 幽霊トンネルってどこだ……?
 西新井に興味を持ったのは、まず大師線という、ひと駅分だけの線があるということ。次に「幽霊トンネル」と呼ばれている場所があるということ。いまだに夜中にトイレに行けないほど怖がりなので、心霊スポットには弱い。

 でも、幽霊トンネルの話を教えてくれた人の口調では、あまり怖そうじゃない。それなら見てみたい。

 ところが、幽霊トンネル、なかなか見つからない。駅員さんに聞くと「知らないっすね!」。信号待ちをしていたおじいさんに聞いても「トンネル! 何しによ? あれ、でも、どう行くんだったかな。あっちへん?」。たまたま聞いた人が悪かったのか? それとも、思っていた以上にマニアックな場所なのか?
“あっちへん”に向かって歩いていると、「書麓(しょろく)」の文字が光る古本屋発見。ちょうど文字がギシギシに詰まった昔のタイプの松本清張の文庫を探していたので、のぞいてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る