誠実売買の古本屋<西新井>

公開日:  更新日:

 幽霊トンネルってどこだ……?
 西新井に興味を持ったのは、まず大師線という、ひと駅分だけの線があるということ。次に「幽霊トンネル」と呼ばれている場所があるということ。いまだに夜中にトイレに行けないほど怖がりなので、心霊スポットには弱い。

 でも、幽霊トンネルの話を教えてくれた人の口調では、あまり怖そうじゃない。それなら見てみたい。

 ところが、幽霊トンネル、なかなか見つからない。駅員さんに聞くと「知らないっすね!」。信号待ちをしていたおじいさんに聞いても「トンネル! 何しによ? あれ、でも、どう行くんだったかな。あっちへん?」。たまたま聞いた人が悪かったのか? それとも、思っていた以上にマニアックな場所なのか?
“あっちへん”に向かって歩いていると、「書麓(しょろく)」の文字が光る古本屋発見。ちょうど文字がギシギシに詰まった昔のタイプの松本清張の文庫を探していたので、のぞいてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る