誠実売買の古本屋<西新井>

公開日: 更新日:

 幽霊トンネルってどこだ……?
 西新井に興味を持ったのは、まず大師線という、ひと駅分だけの線があるということ。次に「幽霊トンネル」と呼ばれている場所があるということ。いまだに夜中にトイレに行けないほど怖がりなので、心霊スポットには弱い。

 でも、幽霊トンネルの話を教えてくれた人の口調では、あまり怖そうじゃない。それなら見てみたい。

 ところが、幽霊トンネル、なかなか見つからない。駅員さんに聞くと「知らないっすね!」。信号待ちをしていたおじいさんに聞いても「トンネル! 何しによ? あれ、でも、どう行くんだったかな。あっちへん?」。たまたま聞いた人が悪かったのか? それとも、思っていた以上にマニアックな場所なのか?
“あっちへん”に向かって歩いていると、「書麓(しょろく)」の文字が光る古本屋発見。ちょうど文字がギシギシに詰まった昔のタイプの松本清張の文庫を探していたので、のぞいてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る