誠実売買の古本屋<西新井>

公開日: 更新日:

 幽霊トンネルってどこだ……?
 西新井に興味を持ったのは、まず大師線という、ひと駅分だけの線があるということ。次に「幽霊トンネル」と呼ばれている場所があるということ。いまだに夜中にトイレに行けないほど怖がりなので、心霊スポットには弱い。

 でも、幽霊トンネルの話を教えてくれた人の口調では、あまり怖そうじゃない。それなら見てみたい。

 ところが、幽霊トンネル、なかなか見つからない。駅員さんに聞くと「知らないっすね!」。信号待ちをしていたおじいさんに聞いても「トンネル! 何しによ? あれ、でも、どう行くんだったかな。あっちへん?」。たまたま聞いた人が悪かったのか? それとも、思っていた以上にマニアックな場所なのか?
“あっちへん”に向かって歩いていると、「書麓(しょろく)」の文字が光る古本屋発見。ちょうど文字がギシギシに詰まった昔のタイプの松本清張の文庫を探していたので、のぞいてみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る