飲んべえの夢はトロリーバスに乗って…

公開日:  更新日:

<大衆酒場カネス 一之江>

「店の前にね、昔はトロリーバスが通ってたんだよ。バス停が近かったんで、そりゃあ繁盛して」

 そう言って、遠くを見た。今年で御年94を迎えられた2代目女将の浅野静子さん、通称大女将である。日の落ちた江戸川区一之江は、街灯の数も少なくて、暗く、ちょっと寂しい。でも、曇りガラスの引き戸の向こう、闇の向こうに、トロリーバスがガタゴト走っていた雄姿を思い浮かべたら、心が浮き立ってくる。

 都営新宿線の駅から徒歩7分、「大衆酒場カネス」の創業は1932年(昭和7年)。1月に上海事変、5月の5・15事件で犬養毅首相が暗殺された年である。以来81年、店と共に人生の年輪を重ねてきただけあって、大女将の話は実に含蓄があって、面白い。

「最初はかやぶきだったんだよ。昭和40年前に建て替えたときは今よりずっと広くてね。たくさんの人たちがラーメンを食べにきてくれたもんだけど、高度成長期にトロリーバスが廃線になってしまって……。常連さんたちの足が遠のいたんで、どうしようと思ったもんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る