• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飲んべえの夢はトロリーバスに乗って…

<大衆酒場カネス 一之江>

「店の前にね、昔はトロリーバスが通ってたんだよ。バス停が近かったんで、そりゃあ繁盛して」

 そう言って、遠くを見た。今年で御年94を迎えられた2代目女将の浅野静子さん、通称大女将である。日の落ちた江戸川区一之江は、街灯の数も少なくて、暗く、ちょっと寂しい。でも、曇りガラスの引き戸の向こう、闇の向こうに、トロリーバスがガタゴト走っていた雄姿を思い浮かべたら、心が浮き立ってくる。

 都営新宿線の駅から徒歩7分、「大衆酒場カネス」の創業は1932年(昭和7年)。1月に上海事変、5月の5・15事件で犬養毅首相が暗殺された年である。以来81年、店と共に人生の年輪を重ねてきただけあって、大女将の話は実に含蓄があって、面白い。

「最初はかやぶきだったんだよ。昭和40年前に建て替えたときは今よりずっと広くてね。たくさんの人たちがラーメンを食べにきてくれたもんだけど、高度成長期にトロリーバスが廃線になってしまって……。常連さんたちの足が遠のいたんで、どうしようと思ったもんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る