カレーうどんの存在感<調布>

公開日:  更新日:

 調布駅の変貌ぶりに驚いた。駅が地下に埋まっている! 以前の調布駅は、大きな駅の割にとぼけた感じがあって、好きだったのだけどなあ。
「いつもと違う気分」を引きずったまま、南口を歩く。大型店ばかりが目に付き、ピンとくるものがないままに意味なく角を曲がったりしたので、ずいぶん大回りして、実は駅からすぐ近くの市役所に着いた。

 階段を上りきったところにある入り口は、建物の2階に相当するので、ちょっと先まで見通せる。これがなかなか。昔ながらの家が連なっていて、駅の大変化とのギャップで、より味わい深い印象。調布に来たな、という気持ちになってきた。

 さっきとは全く違う軽い足取りで、北口へ。これまで何度も調布に来たことがあるが、その理由は(1)深大寺温泉(2)深大寺そば(3)調布飛行場(4)絶品カレーうどん。この中で(4)の存在感が最も大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る