懐は寂しくても、明日は見えなくても…乾杯!

公開日: 更新日:

<酒蔵かっぱ(新橋)>

 新橋は烏森口を飛び出すと、忘年会シーズン真っただ中の街はごった返していた。が、職場の仲間とパーッといこうというような華やぎというか、浮かれた顔は多くない。そういう時代なのだろう。

 新橋西口商店街を進み、2つ目の十字路を左に折れたところにあるのが、今宵(こよい)の河岸。7坪(23.14平方メートル)ほどの空間に厨房とコの字形のカウンター、4人掛けのテーブルが2席あるだけの小箱ながら、夜ごと飲んべえたちが詰めかけ、袖すり合うのも何かの縁とばかり、分け隔てなく語らうことで知られた店である。創業から35年、どれだけのサラリーマンがここで、つらい仕事の憂さを晴らしてきたのだろう。

 暖簾をくぐり、ちょっと驚いた。午後6時を回ろうとしているのに、先客はゼロ。店主葛山健一さんの頭に巻いたねじり鉢巻きがどうにも寂しげで、何と言っていいのか分からず、お互い苦笑い。まあ、こんな日もありますよ、との言葉をのみ込んで、止まり木についた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  11. 10

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

もっと見る