懐は寂しくても、明日は見えなくても…乾杯!

公開日:  更新日:

<酒蔵かっぱ(新橋)>

 新橋は烏森口を飛び出すと、忘年会シーズン真っただ中の街はごった返していた。が、職場の仲間とパーッといこうというような華やぎというか、浮かれた顔は多くない。そういう時代なのだろう。

 新橋西口商店街を進み、2つ目の十字路を左に折れたところにあるのが、今宵(こよい)の河岸。7坪(23.14平方メートル)ほどの空間に厨房とコの字形のカウンター、4人掛けのテーブルが2席あるだけの小箱ながら、夜ごと飲んべえたちが詰めかけ、袖すり合うのも何かの縁とばかり、分け隔てなく語らうことで知られた店である。創業から35年、どれだけのサラリーマンがここで、つらい仕事の憂さを晴らしてきたのだろう。

 暖簾をくぐり、ちょっと驚いた。午後6時を回ろうとしているのに、先客はゼロ。店主葛山健一さんの頭に巻いたねじり鉢巻きがどうにも寂しげで、何と言っていいのか分からず、お互い苦笑い。まあ、こんな日もありますよ、との言葉をのみ込んで、止まり木についた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る