馬を見るはずが…<馬事公苑>

公開日: 更新日:

2014年は午年ということで、馬事公苑に行くことにした。

 事前に馬事公苑ホームページを見て「へぇー」と思ったのがこの一文。
「昭和38年、日本中央競馬会本部事務所新築工事(新橋)が着工され、地中の掘り返しを行っていた時、多量の間知石(けんちいし)が出てきました」

 間知石とは、石垣などに使われる石材のこと。石の表面には、江戸時代の大名の家紋が刻まれており、その一部で、前回オリンピック開催の記念碑を建立したとか。どんなものかと勇んで行ってみたが、その前に強烈に心引かれるものが目に入った。

 それは、巨大な鳥の模型。馬事公苑の手前にある東京農大・進化生物学研究所の無料博物館の入り口に立っている。ミャンマーからの独立を回復したタイのアユタヤ王朝19代目ナレースワン大王にちなんだものだそうで、タイ人にとって、とても縁起がいいものとのこと。こりゃ、ラッキー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る