東京もヤバイ…この冬の大雪 “犯人”は温暖化だった

公開日:  更新日:

 この正月休みは、全国的に寒さが厳しく、日本海側は大雪が予想されている。昨シーズンもその前もひどい寒さで、猛烈な寒波は3シーズン連続だ。しかし、気象庁によれば、今年1年間の平均気温は平年を0.4度上回っていて、温暖化が進んでいるらしい。

「ここ3年の寒波は、温暖化が原因なのです」

 こう言うのは、気象予報士の森田正光氏。平均気温が上がれば寒さが和らいで、快適に過ごせそうだが、朝晩は耳がちぎれそうな寒さで、通勤がつらい。気象のプロによれば、このパラドックスは、間違いなく温暖化で説明がつくという。

「温暖化で北極圏、特に欧州の北の氷が解けています。海面が露出しているところは、氷があるところより相対的に気温が高く、上昇気流を伴って発生する高気圧の脇に低気圧ができやすい。また、温暖化で日本の南側の海水温が平年より高く、偏西風の流れが北側に蛇行している。その2つが重なって、欧州の北の低気圧から吹き出した寒波が、スカンディナビア半島の東あたりから南下してくると、偏西風に乗り、ちょうど日本列島にぶつかるコースをたどるのです。温暖化がなければ、こんなに寒くなりません」(森田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る