東京もヤバイ…この冬の大雪 “犯人”は温暖化だった

公開日:  更新日:

 この正月休みは、全国的に寒さが厳しく、日本海側は大雪が予想されている。昨シーズンもその前もひどい寒さで、猛烈な寒波は3シーズン連続だ。しかし、気象庁によれば、今年1年間の平均気温は平年を0.4度上回っていて、温暖化が進んでいるらしい。

「ここ3年の寒波は、温暖化が原因なのです」

 こう言うのは、気象予報士の森田正光氏。平均気温が上がれば寒さが和らいで、快適に過ごせそうだが、朝晩は耳がちぎれそうな寒さで、通勤がつらい。気象のプロによれば、このパラドックスは、間違いなく温暖化で説明がつくという。

「温暖化で北極圏、特に欧州の北の氷が解けています。海面が露出しているところは、氷があるところより相対的に気温が高く、上昇気流を伴って発生する高気圧の脇に低気圧ができやすい。また、温暖化で日本の南側の海水温が平年より高く、偏西風の流れが北側に蛇行している。その2つが重なって、欧州の北の低気圧から吹き出した寒波が、スカンディナビア半島の東あたりから南下してくると、偏西風に乗り、ちょうど日本列島にぶつかるコースをたどるのです。温暖化がなければ、こんなに寒くなりません」(森田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る