小雪ちらつく中を…<三河島>

公開日: 更新日:

 常磐線三河島駅を降りた時、小雪がちらついていた。普段は計画なく歩くことが多いが仕方ない。今日は時計の修理とキムチ購入を目的に歩こう。
「直せない時計はない、超一流の時計職人がいる」と聞いていた。「山田時計技術店」の前山田三男さん(68)。石垣島から集団就職で名古屋の時計工場に就職。夜学で技術学校に通い、銀座の時計店などを経て、1973年に開業。

「作業中は集中力を保つため、十数秒間、息を止めています。自分の鼓動でさえ邪魔です」

 私は高価な物は買えないが、アンティークの時計が好きで、今は「モバード」の手巻きを愛用中。ところが、ネジ巻きの部分が調子悪く、ちゃんとしたところに修理に出したいと思っていた。前山田さん、どうです?

「ピンが折れてますね。古い時計だから『モバード』にも部品がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  6. 6

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  7. 7

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    堀北真希を超える? 妹・NANAMIのブレークを後押しする力

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る