日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小雪ちらつく中を…<三河島>

 常磐線三河島駅を降りた時、小雪がちらついていた。普段は計画なく歩くことが多いが仕方ない。今日は時計の修理とキムチ購入を目的に歩こう。
「直せない時計はない、超一流の時計職人がいる」と聞いていた。「山田時計技術店」の前山田三男さん(68)。石垣島から集団就職で名古屋の時計工場に就職。夜学で技術学校に通い、銀座の時計店などを経て、1973年に開業。

「作業中は集中力を保つため、十数秒間、息を止めています。自分の鼓動でさえ邪魔です」

 私は高価な物は買えないが、アンティークの時計が好きで、今は「モバード」の手巻きを愛用中。ところが、ネジ巻きの部分が調子悪く、ちゃんとしたところに修理に出したいと思っていた。前山田さん、どうです?

「ピンが折れてますね。古い時計だから『モバード』にも部品がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事