小雪ちらつく中を…<三河島>

公開日: 更新日:

 常磐線三河島駅を降りた時、小雪がちらついていた。普段は計画なく歩くことが多いが仕方ない。今日は時計の修理とキムチ購入を目的に歩こう。
「直せない時計はない、超一流の時計職人がいる」と聞いていた。「山田時計技術店」の前山田三男さん(68)。石垣島から集団就職で名古屋の時計工場に就職。夜学で技術学校に通い、銀座の時計店などを経て、1973年に開業。

「作業中は集中力を保つため、十数秒間、息を止めています。自分の鼓動でさえ邪魔です」

 私は高価な物は買えないが、アンティークの時計が好きで、今は「モバード」の手巻きを愛用中。ところが、ネジ巻きの部分が調子悪く、ちゃんとしたところに修理に出したいと思っていた。前山田さん、どうです?

「ピンが折れてますね。古い時計だから『モバード』にも部品がない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る