梅見へ出掛けたが<梅ヶ丘>

公開日: 更新日:

 江戸時代の花見は「梅に始まり菊に終わる」といわれていたそうだ。“桜見”だけではなく“梅見”も盛んだったということ。ちょうど梅見の季節。小田急の梅ケ丘へ。

 実はこの辺りは私のジョギングコースで、毎週末、走りながら様子をチェックしている。羽根木公園の梅もいいが、遊歩道に1本だけ生えている梅もいい。冴え冴えとしたピンク色で、1回見ただけで強く印象に残る。

 梅ケ丘に出かけた9日は、都心では45年ぶりの大雪の翌日だった。あちこちが白く染まった中、乙女の唇のような梅花がポツンポツン。羽根木公園では「せたがや梅まつり」が始まっていて、結構な数の親子連れが梅の写真を撮っていた。

 駅に戻って、酒屋へ。以前は“普通の酒屋”といった店構えだったが、いつの間にか、バーのようなかっこいい造りに変わっていて驚いた。本当はここで酒を買って、梅を見ながら飲みたいけど、今日はさすがに寒すぎて無理だ。土日祝限定で行われているワインの試飲を楽しむことにする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る