• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

梅見へ出掛けたが<梅ヶ丘>

 江戸時代の花見は「梅に始まり菊に終わる」といわれていたそうだ。“桜見”だけではなく“梅見”も盛んだったということ。ちょうど梅見の季節。小田急の梅ケ丘へ。

 実はこの辺りは私のジョギングコースで、毎週末、走りながら様子をチェックしている。羽根木公園の梅もいいが、遊歩道に1本だけ生えている梅もいい。冴え冴えとしたピンク色で、1回見ただけで強く印象に残る。

 梅ケ丘に出かけた9日は、都心では45年ぶりの大雪の翌日だった。あちこちが白く染まった中、乙女の唇のような梅花がポツンポツン。羽根木公園では「せたがや梅まつり」が始まっていて、結構な数の親子連れが梅の写真を撮っていた。

 駅に戻って、酒屋へ。以前は“普通の酒屋”といった店構えだったが、いつの間にか、バーのようなかっこいい造りに変わっていて驚いた。本当はここで酒を買って、梅を見ながら飲みたいけど、今日はさすがに寒すぎて無理だ。土日祝限定で行われているワインの試飲を楽しむことにする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る