中高年の受講者が急増 「日本語教師」どうすればなれる?

公開日: 更新日:

 退職後のセカンドライフで、「日本語教師」を目指す中高年が増加しているという。
「日本語教師は年齢問わず始めやすいし、国の教育訓練給付制度を利用できる資格なので人気です」(業界関係者)

 講座を開設しているヒューマンアカデミーによれば、最近、55歳以上の中高年の受講者が目立つという。それも、急増しはじめたのは東京オリンピック決定後で、「昨年10月以降、ここ数カ月は資料請求などの問い合わせが前年比130%以上」(担当者)だそうだ。どんなことを学ぶのか。

「主に、文法や歴史、言葉の意味などの理論と、外国人に対する模擬授業で、420単位取る必要があります。一般的に、週3回通って約1年間というスケジュール。ただ通う日数を増やせば短期でも取れるし、じっくり2~3年かける人もいます。多くは普通のサラリーマンで、早期退職して海外で教えたいという人もいます。70代で通っている方もいらっしゃいますよ」(新宿校の講座責任者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る