中高年の受講者が急増 「日本語教師」どうすればなれる?

公開日:  更新日:

 退職後のセカンドライフで、「日本語教師」を目指す中高年が増加しているという。
「日本語教師は年齢問わず始めやすいし、国の教育訓練給付制度を利用できる資格なので人気です」(業界関係者)

 講座を開設しているヒューマンアカデミーによれば、最近、55歳以上の中高年の受講者が目立つという。それも、急増しはじめたのは東京オリンピック決定後で、「昨年10月以降、ここ数カ月は資料請求などの問い合わせが前年比130%以上」(担当者)だそうだ。どんなことを学ぶのか。

「主に、文法や歴史、言葉の意味などの理論と、外国人に対する模擬授業で、420単位取る必要があります。一般的に、週3回通って約1年間というスケジュール。ただ通う日数を増やせば短期でも取れるし、じっくり2~3年かける人もいます。多くは普通のサラリーマンで、早期退職して海外で教えたいという人もいます。70代で通っている方もいらっしゃいますよ」(新宿校の講座責任者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る