中高年の受講者が急増 「日本語教師」どうすればなれる?

公開日: 更新日:

 退職後のセカンドライフで、「日本語教師」を目指す中高年が増加しているという。
「日本語教師は年齢問わず始めやすいし、国の教育訓練給付制度を利用できる資格なので人気です」(業界関係者)

 講座を開設しているヒューマンアカデミーによれば、最近、55歳以上の中高年の受講者が目立つという。それも、急増しはじめたのは東京オリンピック決定後で、「昨年10月以降、ここ数カ月は資料請求などの問い合わせが前年比130%以上」(担当者)だそうだ。どんなことを学ぶのか。

「主に、文法や歴史、言葉の意味などの理論と、外国人に対する模擬授業で、420単位取る必要があります。一般的に、週3回通って約1年間というスケジュール。ただ通う日数を増やせば短期でも取れるし、じっくり2~3年かける人もいます。多くは普通のサラリーマンで、早期退職して海外で教えたいという人もいます。70代で通っている方もいらっしゃいますよ」(新宿校の講座責任者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る