飲んべえの神様も笑う路地裏の繁盛店

公開日: 更新日:

<斎藤酒場 十条>

 飲んべえが酒場に求めるものは酒だけじゃない。安くてうまい酒肴、肩肘張らずに楽しめる気安さ、女将が優しいといった居心地である。十条は駅前のロータリー脇の路地を入ってすぐの「斎藤酒場」には、それら全てが揃っている。

 夕暮れの5時過ぎ、暖簾をくぐるとテーブル席はほぼ満席、L字形のカウンターの中にまで客が入って縁日のような賑わいだ。女将の案内でテーブル席へ。ここでは相席が当たり前、顔見知りでも知人でもないのに、旧知の間柄のようになれてしまうのは、飲んべえの神様のなせる業か。ビール(大瓶)490円をグビッとやり、名物のポテトサラダ220円をつまんでいると、店内の賑わいは聞き心地の良いBGMへと変わっていく。と、隣の2人組と目が合った。何となく笑顔で会釈し、乾杯。30歳前後とおぼしき男は美容師だそうで、一見らしく目をパチクリ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る