今の街には不似合いな、時代遅れの、あの酒場で…

公開日: 更新日:

■婆娑羅 三鷹

 かつて国立に「文蔵」というもつ焼き酒場があった。高倉健主演で映画化された、山口瞳の小説「居酒屋兆治」のモデルとなった店だ。

 映画では、健さんと加藤登紀子さんの夫婦が仲むつまじく切り盛りし、常連が土産などを分け合う店であった。実際はどうだったのだろう。今となっては知る由もないが、そのもつ焼きの味は残っている。JR三鷹駅北口から数分、三鷹通り沿いにある「婆娑羅」である。

 縄暖簾の向こう、引き戸を開ければ、厨房を取り囲む大きなコの字カウンターがあり、壁にストーンズのポスターが貼られ、聞こえるか聞こえないかの音量でシャンソンが聞こえてくる。いぶし銀の雰囲気なのでは、とのイメージとはちょっと違う。が、メニューを見て驚いた。

 ヱビスの生(中)が440円、もつ焼きが各95円。実に庶民的で、ますます懐の寒いサラリーマンとしては、ありがたい。それもそのはず、店主の大澤伸雄さんはサラリーマンだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  6. 6

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  7. 7

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    TV各局「五輪キャスター選び」が難航する“オトナの事情”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る