今の街には不似合いな、時代遅れの、あの酒場で…

公開日: 更新日:

■婆娑羅 三鷹

 かつて国立に「文蔵」というもつ焼き酒場があった。高倉健主演で映画化された、山口瞳の小説「居酒屋兆治」のモデルとなった店だ。

 映画では、健さんと加藤登紀子さんの夫婦が仲むつまじく切り盛りし、常連が土産などを分け合う店であった。実際はどうだったのだろう。今となっては知る由もないが、そのもつ焼きの味は残っている。JR三鷹駅北口から数分、三鷹通り沿いにある「婆娑羅」である。

 縄暖簾の向こう、引き戸を開ければ、厨房を取り囲む大きなコの字カウンターがあり、壁にストーンズのポスターが貼られ、聞こえるか聞こえないかの音量でシャンソンが聞こえてくる。いぶし銀の雰囲気なのでは、とのイメージとはちょっと違う。が、メニューを見て驚いた。

 ヱビスの生(中)が440円、もつ焼きが各95円。実に庶民的で、ますます懐の寒いサラリーマンとしては、ありがたい。それもそのはず、店主の大澤伸雄さんはサラリーマンだったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る