これだけある! 消費税から「合法的」に逃れられる“裏技”

公開日:  更新日:

 1人平均、年間5万円の負担増になる消費税増税。少しでも消費税の負担を軽くするにはどうしたらいいのか。誰にでも簡単にできる“節税策”が「個人間売買」だ。

消費税は、2年前の売り上げが1000万円以下の事業者は免税となっている。個人が副業でモノを売る場合、売り上げが1000万円を超えることはまずない。つまり、個人間の取引なら、消費税がかかることはほとんどないのだ。

 たとえば、個人間のネットオークションやフリーマーケットは消費税と無縁と考えていい。すでに消費税率アップを好機とみて、業者も動き出している。

 国内最大のオークションサイト「ヤフオク!」は、昨年から個人の出品料を撤廃するなど参入ハードルを下げている。世界で2億人以上が利用している「LINE」も、個人売買に特化した「LINE MALL」を開設。スマホで商品を撮影して、そのまま出品できる手軽さや、専用アプリによる取引の簡略化によって、個人同士が気軽にモノを売買できるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る