これだけある! 消費税から「合法的」に逃れられる“裏技”

公開日: 更新日:

 1人平均、年間5万円の負担増になる消費税増税。少しでも消費税の負担を軽くするにはどうしたらいいのか。誰にでも簡単にできる“節税策”が「個人間売買」だ。

消費税は、2年前の売り上げが1000万円以下の事業者は免税となっている。個人が副業でモノを売る場合、売り上げが1000万円を超えることはまずない。つまり、個人間の取引なら、消費税がかかることはほとんどないのだ。

 たとえば、個人間のネットオークションやフリーマーケットは消費税と無縁と考えていい。すでに消費税率アップを好機とみて、業者も動き出している。

 国内最大のオークションサイト「ヤフオク!」は、昨年から個人の出品料を撤廃するなど参入ハードルを下げている。世界で2億人以上が利用している「LINE」も、個人売買に特化した「LINE MALL」を開設。スマホで商品を撮影して、そのまま出品できる手軽さや、専用アプリによる取引の簡略化によって、個人同士が気軽にモノを売買できるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る