転勤は婦唱夫随が当たり前 「ジョカツ」で男の“冷遇”が進む

公開日:  更新日:

変わるサラリーマン生活

 世の中は「ジョカツ」ブーム真っ盛り。安倍政権は「2020年までに指導的地位の女性比率30%以上」を目標に掲げ、「ポジティブアクション(積極的改善措置)」を推進中だ。これにより、女性の働き方が大きく変わるのは必至。夫の立場はどんどん弱くなる。

 職場の女性活用は結構なことだが、政府の狙いはもちろん、女性にもっと働いてもらって、年金や税金をたくさん納めてもらうこと。

 12年の女性常勤労働者の平均年収は、267万円。対して、扶養者控除などで制限があるパートなどの1年未満勤続者の平均は73万9000円しかなく、この20年以上変わっていない。ここを上げたいのだ。

 一方、女性活用で職場の男性陣は青息吐息。「女性優遇、男性冷遇」に悲鳴を上げている。

 たとえば最近、大手医薬品メーカーは、職場結婚した社員の場合、夫の転勤に合わせて妻もセットで転勤できる制度を導入している。転勤に伴う女性の退職を減らすためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る