• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

転勤は婦唱夫随が当たり前 「ジョカツ」で男の“冷遇”が進む

変わるサラリーマン生活

 世の中は「ジョカツ」ブーム真っ盛り。安倍政権は「2020年までに指導的地位の女性比率30%以上」を目標に掲げ、「ポジティブアクション(積極的改善措置)」を推進中だ。これにより、女性の働き方が大きく変わるのは必至。夫の立場はどんどん弱くなる。

 職場の女性活用は結構なことだが、政府の狙いはもちろん、女性にもっと働いてもらって、年金や税金をたくさん納めてもらうこと。

 12年の女性常勤労働者の平均年収は、267万円。対して、扶養者控除などで制限があるパートなどの1年未満勤続者の平均は73万9000円しかなく、この20年以上変わっていない。ここを上げたいのだ。

 一方、女性活用で職場の男性陣は青息吐息。「女性優遇、男性冷遇」に悲鳴を上げている。

 たとえば最近、大手医薬品メーカーは、職場結婚した社員の場合、夫の転勤に合わせて妻もセットで転勤できる制度を導入している。転勤に伴う女性の退職を減らすためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る