日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

転勤は婦唱夫随が当たり前 「ジョカツ」で男の“冷遇”が進む

変わるサラリーマン生活

 世の中は「ジョカツ」ブーム真っ盛り。安倍政権は「2020年までに指導的地位の女性比率30%以上」を目標に掲げ、「ポジティブアクション(積極的改善措置)」を推進中だ。これにより、女性の働き方が大きく変わるのは必至。夫の立場はどんどん弱くなる。

 職場の女性活用は結構なことだが、政府の狙いはもちろん、女性にもっと働いてもらって、年金や税金をたくさん納めてもらうこと。

 12年の女性常勤労働者の平均年収は、267万円。対して、扶養者控除などで制限があるパートなどの1年未満勤続者の平均は73万9000円しかなく、この20年以上変わっていない。ここを上げたいのだ。

 一方、女性活用で職場の男性陣は青息吐息。「女性優遇、男性冷遇」に悲鳴を上げている。

 たとえば最近、大手医薬品メーカーは、職場結婚した社員の場合、夫の転勤に合わせて妻もセットで転勤できる制度を導入している。転勤に伴う女性の退職を減らすためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事