転勤は婦唱夫随が当たり前 「ジョカツ」で男の“冷遇”が進む

公開日: 更新日:

変わるサラリーマン生活

 世の中は「ジョカツ」ブーム真っ盛り。安倍政権は「2020年までに指導的地位の女性比率30%以上」を目標に掲げ、「ポジティブアクション(積極的改善措置)」を推進中だ。これにより、女性の働き方が大きく変わるのは必至。夫の立場はどんどん弱くなる。

 職場の女性活用は結構なことだが、政府の狙いはもちろん、女性にもっと働いてもらって、年金や税金をたくさん納めてもらうこと。

 12年の女性常勤労働者の平均年収は、267万円。対して、扶養者控除などで制限があるパートなどの1年未満勤続者の平均は73万9000円しかなく、この20年以上変わっていない。ここを上げたいのだ。

 一方、女性活用で職場の男性陣は青息吐息。「女性優遇、男性冷遇」に悲鳴を上げている。

 たとえば最近、大手医薬品メーカーは、職場結婚した社員の場合、夫の転勤に合わせて妻もセットで転勤できる制度を導入している。転勤に伴う女性の退職を減らすためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  4. 4

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  9. 9

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る