日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

邦銀初の社長も 続々誕生の「女性役員」は何が凄いのか?

 女性役員の抜擢が相次いでいる。邦銀初の女性トップとなった野村信託銀行の真保智絵社長(48)。三井住友銀行の工藤禎子氏(49)、みずほ銀行の有馬充美氏(51)は両行初の女性執行役員となった。有馬氏は、企業合併・買収のスペシャリストだ。

 女性役員のラッシュの理由は、主に3つだ。

 まず、安倍政権の女性活用策。2020年までに「女性管理職3割」を掲げ、上場企業は最低1人の女性役員を置くようプレッシャーをかけているから。2番目は、86年に施行された男女雇用機会均等法から今年で28年。総合職で入社した女性が50歳前後の“役員適齢期”に入っていること。そして女性ならではの大胆、かつ繊細さが経営者に向いていることだ。

 人事ジャーナリストの栗原昇氏は「以前と比べて女性登用のスタイルが変わった」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事