よく残っていたなぁ<元麻布>

公開日: 更新日:

「まさかあんな場所にあんな空間が!?」とカメラマンから聞き、向かったのが六本木。ヒルズを抜け、住居棟を通り過ぎ、南アフリカ共和国大使公邸を右手に見ながら進んだ。
 ため息が出るほどの豪邸ばかりだ。駐車場の車は見事に高級車ばかり。集まって遊んでいる子供たちは全員外国人。にこやかに道を聞いてきた方は英語。静かに首を振るしかできず、居心地の悪さを感じながら、坂道を下り続ける。

 ――と一転、趣が変わって庶民的なクリーニング屋が登場した。「左に行けば狸坂だけど、逆の右側に」とカメラマンは言っていた。中国大使館が近いため、警察官が3~4人ウロウロしている。視界に入らないようにして、神社の横の脇道を入っていった。

 この辺りは、麻布村の中で「宮村」と呼ばれていたらしい。かつてここに麻布村総鎮守の氷川神社があったことから、名前がついたとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  8. 8

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る