• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

よく残っていたなぁ<元麻布>

「まさかあんな場所にあんな空間が!?」とカメラマンから聞き、向かったのが六本木。ヒルズを抜け、住居棟を通り過ぎ、南アフリカ共和国大使公邸を右手に見ながら進んだ。
 ため息が出るほどの豪邸ばかりだ。駐車場の車は見事に高級車ばかり。集まって遊んでいる子供たちは全員外国人。にこやかに道を聞いてきた方は英語。静かに首を振るしかできず、居心地の悪さを感じながら、坂道を下り続ける。

 ――と一転、趣が変わって庶民的なクリーニング屋が登場した。「左に行けば狸坂だけど、逆の右側に」とカメラマンは言っていた。中国大使館が近いため、警察官が3~4人ウロウロしている。視界に入らないようにして、神社の横の脇道を入っていった。

 この辺りは、麻布村の中で「宮村」と呼ばれていたらしい。かつてここに麻布村総鎮守の氷川神社があったことから、名前がついたとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る