よく残っていたなぁ<元麻布>

公開日:  更新日:

「まさかあんな場所にあんな空間が!?」とカメラマンから聞き、向かったのが六本木。ヒルズを抜け、住居棟を通り過ぎ、南アフリカ共和国大使公邸を右手に見ながら進んだ。
 ため息が出るほどの豪邸ばかりだ。駐車場の車は見事に高級車ばかり。集まって遊んでいる子供たちは全員外国人。にこやかに道を聞いてきた方は英語。静かに首を振るしかできず、居心地の悪さを感じながら、坂道を下り続ける。

 ――と一転、趣が変わって庶民的なクリーニング屋が登場した。「左に行けば狸坂だけど、逆の右側に」とカメラマンは言っていた。中国大使館が近いため、警察官が3~4人ウロウロしている。視界に入らないようにして、神社の横の脇道を入っていった。

 この辺りは、麻布村の中で「宮村」と呼ばれていたらしい。かつてここに麻布村総鎮守の氷川神社があったことから、名前がついたとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る