よく残っていたなぁ<元麻布>

公開日: 更新日:

「まさかあんな場所にあんな空間が!?」とカメラマンから聞き、向かったのが六本木。ヒルズを抜け、住居棟を通り過ぎ、南アフリカ共和国大使公邸を右手に見ながら進んだ。
 ため息が出るほどの豪邸ばかりだ。駐車場の車は見事に高級車ばかり。集まって遊んでいる子供たちは全員外国人。にこやかに道を聞いてきた方は英語。静かに首を振るしかできず、居心地の悪さを感じながら、坂道を下り続ける。

 ――と一転、趣が変わって庶民的なクリーニング屋が登場した。「左に行けば狸坂だけど、逆の右側に」とカメラマンは言っていた。中国大使館が近いため、警察官が3~4人ウロウロしている。視界に入らないようにして、神社の横の脇道を入っていった。

 この辺りは、麻布村の中で「宮村」と呼ばれていたらしい。かつてここに麻布村総鎮守の氷川神社があったことから、名前がついたとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る