罰金、懲役も…罰則強化で変わったペットの「飼い主責任」

公開日:  更新日:

 イヌやネコなどペットの「動物愛護管理法」が改正され、昨年9月から施行(今年5月30日、省令の一部を改正)されている。
 改正では特にペット販売業者の規制が強化された。他方、飼い主に対しても、「終生飼養する」
ことが、明文化されたのだ。もし、「みだりに殺し、または傷つけた者は、2年以下の懲役または、200万円(かつては100万円)以下の罰金」「みだりに給餌、または給水をやめることにより、衰弱させるなど虐待を行った者は、100万円(同50万円)以下の罰金」と、罰則規定が重くなった。

「一般社団法人ペットフード協会」(東京・神田)による「全国犬猫飼育実態調査」(2013年)によると、日本にはイヌが1087万2000頭、ネコは974万3000頭がペットとして飼育されているという。

 これまで、そうしたペットが死ぬと、都市部ならペット寺院に持ち込むという選択肢があった。 しかし、地方ではほとんどが自宅周辺に“埋葬”していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る