56歳女が66歳男性を撲殺…熟年カップル「逆DV」の恐怖

公開日:  更新日:

 中高年は“あすはわが身”かもしれない。56歳の無職女が、交際相手の66歳男性を撲殺する事件が起きた。熟年カップルの「逆DV」は珍しい話じゃなさそうなのだ。

 山口県岩国署に殺人容疑で捕まった無職の西村多津容疑者(56=広島市南区)は10日夜から11日早朝まで、建設作業員米満清一さん(66=山口県岩国市)の自宅アパートで、米満さんの腹などを殴る蹴る。左肺挫傷や多発肋骨骨折などで死亡させたという。

「2人は3、4年前から交際や同居を繰り返していましたが、西村容疑者のDVがひどいため、米満さんが岩国署に5回にわたって相談していました。西村容疑者は昨年、同署に逮捕され、裁判所から接近禁止命令を出されましたが、その後また、ヨリが戻っていたようです」(捜査事情通)

 12年の内閣府男女共同参画局の調査によると、DV被害者は女性33%、男性18%。男性の被害も少なくない。しかし、相談件数は女性55%、男性19%と男性の相談は少ない傾向にある。東京家族ラボ主宰で作家の池内ひろ美氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る