ヒビ割れした男女関係を修復 「別れさせない屋」仕事の中身

公開日:  更新日:

 タレントの大桃美代子(49)と離婚した山路徹(52)が復縁を願ってメールを送っているらしい。本人いわく、「復縁率は70%」なんだとか。

 女性の扱いに慣れた山路さんには必要ないだろうが、細々と続いている男女関係を修復したい人にとって耳寄りのサービスが、「別れさせない屋」だ。男性に女性の口説き方を教える「ナンパ塾」を主宰する草加大介氏が始めた新事業だ。

「依頼は、男女関係を修復したい30~40代がメーンですが、『両親の熟年離婚をやめさせてほしい』『嫁が息子と別れたがっている。何とかしてくれ』といった相談もあります。離婚が手軽になったからこそ、関係修復を考える人も増えているようです」(草加氏)

 公務員のAさん(50)は老後もひとりでは寂しいと、2年前に結婚相談所へ。そこで出会った女性(38)と今年3月に結婚する段取りだった。ところが、式の2週前のデートの帰りに突然、婚約解消を告げられ、わけがわからず相談した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る