ヒビ割れした男女関係を修復 「別れさせない屋」仕事の中身

公開日: 更新日:

 タレントの大桃美代子(49)と離婚した山路徹(52)が復縁を願ってメールを送っているらしい。本人いわく、「復縁率は70%」なんだとか。

 女性の扱いに慣れた山路さんには必要ないだろうが、細々と続いている男女関係を修復したい人にとって耳寄りのサービスが、「別れさせない屋」だ。男性に女性の口説き方を教える「ナンパ塾」を主宰する草加大介氏が始めた新事業だ。

「依頼は、男女関係を修復したい30~40代がメーンですが、『両親の熟年離婚をやめさせてほしい』『嫁が息子と別れたがっている。何とかしてくれ』といった相談もあります。離婚が手軽になったからこそ、関係修復を考える人も増えているようです」(草加氏)

 公務員のAさん(50)は老後もひとりでは寂しいと、2年前に結婚相談所へ。そこで出会った女性(38)と今年3月に結婚する段取りだった。ところが、式の2週前のデートの帰りに突然、婚約解消を告げられ、わけがわからず相談した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る