• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女大将が出す絶品寿司に…<田町>

 ビジネス向けの街としか思っていなかった。ところが夜になったら! 「どうよ! 来てよ!」と町全体が猛烈にアピールしているような感じだ。

 西口を出て真正面の「慶応仲通り」に、吸い寄せられるように入った。

 黄色い声で話すOLさんたちの後ろについて、細い路地へ。映画のセットのような飲み屋さんは、築70年以上の古民家を改築したものだとか。その隣の飲み屋さんも、これまた映画のセットのよう。そもそも路地自体が、田町というより、京都とか湯島とかいった雰囲気だ。

 この商店街、どちらかというと飲み屋街といった方が正しいように思うが、歩くほどに興奮してくる。串揚げ、焼き鳥、お好み焼き、小料理など、引かれる店が次々登場。 

 しかし、今回の目当ては「すしかね」だ。すしは一貫100円台から、珠玉のつまみは500円前後。安い。うまい。特に、地アジと姫もろこしが絶品だった。こちらの大将は女性。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事