涼み舟の川歩き<神田川・隅田川>①

公開日: 更新日:

 江戸時代は当然のことながら、クーラーはなかった。暑い季節、人々は涼を取るために、川で舟遊びをした。それらの舟を「涼み舟」というそうだ。

 当初は大名たちの遊びで、豪華絢爛(けんらん)な屋形船。そのうち庶民に広まった。明治の近代以降は、隅田川と神田川が合流する柳橋の料亭が舟宿に依頼した。
「芸者さんが旦那衆に〈私も舟に乗りたいわ〉なんて言うわけです。酒は日本酒かビール、つまみは枝豆とお新香くらい。芸者が三味線を弾くのを聞きながら、小一時間ほど舟で涼む」と話すのは、柳橋たもとにある「季節の佃煮屋 小松屋」4代目の秋元治さん。

 ちょうど暑い季節。特別版として、涼み舟による「川歩き」を2回に分けてお届けしたい。

 実は涼み舟は、隅田川の水質の悪化などで一時期姿を消していた。浄化作戦で川がきれいさを取り戻した昭和52年、秋元さんの叔父が再開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る