EVで市街地レース「FIAフォーミュラE選手権」9月開幕

公開日: 更新日:

環境に配慮した新時代のフォーミュラマシン

 CO2削減の動きが世界的に強まる昨今、自動車メーカーの技術革新もハイブリッドやEV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)と、完全にこの方向に向けられている。それに応じメーカーの技術をアピールする場であるモータースポーツにも様々な変化が見られており、EVフォーミュラマシンによる世界選手権の発足が一昨年発表されたのは周知の通り。

 このフォーミュラEだが「EVでレースの醍醐味が表現できるのか」と当初、ファンの多くが疑問視した。スピードもスリルも現状のレースに劣るようであれば、スポーツとしての発展はない。ところが先ごろ内容が明らかになったところによれば、どうやらその心配はなさそう。そればかりか、これまでにない新たな魅力が満載のようだ。

■チーム、ドライバーとも世界選手権にふさわしい顔ぶれ

 初年度は北京で行われる9月13日決勝の開幕戦を皮切りにヨーロッパ、北米、南米の大都市10カ所を10カ月にわたり転戦するフォーミュラE。参戦するのはF1やIRLの元チャンピオンであるマリオ・アンドレッティ創設の「アンドレッティ・オートスポーツ」、同じく元F1チャンピオンのアラン・プロスト率いる「Eダムズ」など、いずれも世界の強豪で、日本からも鈴木亜久里のチームが参戦。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る