EVで市街地レース「FIAフォーミュラE選手権」9月開幕

公開日: 更新日:

環境に配慮した新時代のフォーミュラマシン

 CO2削減の動きが世界的に強まる昨今、自動車メーカーの技術革新もハイブリッドやEV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)と、完全にこの方向に向けられている。それに応じメーカーの技術をアピールする場であるモータースポーツにも様々な変化が見られており、EVフォーミュラマシンによる世界選手権の発足が一昨年発表されたのは周知の通り。

 このフォーミュラEだが「EVでレースの醍醐味が表現できるのか」と当初、ファンの多くが疑問視した。スピードもスリルも現状のレースに劣るようであれば、スポーツとしての発展はない。ところが先ごろ内容が明らかになったところによれば、どうやらその心配はなさそう。そればかりか、これまでにない新たな魅力が満載のようだ。

■チーム、ドライバーとも世界選手権にふさわしい顔ぶれ

 初年度は北京で行われる9月13日決勝の開幕戦を皮切りにヨーロッパ、北米、南米の大都市10カ所を10カ月にわたり転戦するフォーミュラE。参戦するのはF1やIRLの元チャンピオンであるマリオ・アンドレッティ創設の「アンドレッティ・オートスポーツ」、同じく元F1チャンピオンのアラン・プロスト率いる「Eダムズ」など、いずれも世界の強豪で、日本からも鈴木亜久里のチームが参戦。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る