日本人は68歳から「老人」 若く見える人は何が違う?

公開日:  更新日:

 日本人の寿命がまた伸びている。13年の平均寿命は女性86・61歳、男性80・21歳で、いずれも過去最高だ。戦後すぐは男女とも寿命が50歳代だったことを思えば、エライことになった。長生き自体はいいことだが、周りがこうジジ・ババだらけだと、自分が「老人」であることに気付かない人も出てくる。日本人は一体、何歳から年寄りになるのか?

 市場調査会社「カンター・ジャパン」が16歳以上の男女約1000人にアンケートしたところ、“お年寄りと思う”年齢の平均は、67.7歳だった。同様の調査は世界24カ国でも行われており、日本は上から数えて6番目。1位は日本と同じく高齢化の著しいイタリアの72.2歳だった。

 日本人の67.7歳といえば、昭和21年度(1946年4月~47年3月)生まれの人たちを指す。プレ団塊世代といわれる人たちで、彼らの当時の大学・短大進学率は25.4%。数年前に退職金として約2500万円を受け取り、現在の歯の数は平均19.16本(20代は約28.5本)。健康的には何の問題もないが、「気力」「好奇心」に衰えを感じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る