北大路欣也 父・右太衛門の老人ホーム入居騒動

公開日:  更新日:

■1999年9月

「旗本退屈男」で一世を風靡(ふうび)した時代劇の大御所、市川右太衛門が92歳で亡くなったのは99年9月16日。

 最後の1年は海と山に囲まれた風光明媚(めいび)な千葉の老人保健施設で過ごしたが、右太衛門の施設入所を巡って、息子の北大路欣也(当時56)が「冷血」「姥(うば)捨て」とバッシングされる騒ぎが起きた。

 通夜が明けての記者会見で「本人たっての希望で館山の老人ホームに入居した。大往生でした」と語った北大路の姿を、マスコミは美談として報じた。

 ところが、親族がこれに反発した。98年8月の引っ越し作業は「わしは行かん」と右太衛門が反対する中で淡々と進められ、それ以降、連絡が取れなくなったと主張。さらに、右太衛門が経済的に困っていたにもかかわらず、北大路が援助せず、家政婦が食費を立て替えて食べさせていたという情報まで飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る