日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北大路欣也 父・右太衛門の老人ホーム入居騒動

■1999年9月

「旗本退屈男」で一世を風靡(ふうび)した時代劇の大御所、市川右太衛門が92歳で亡くなったのは99年9月16日。

 最後の1年は海と山に囲まれた風光明媚(めいび)な千葉の老人保健施設で過ごしたが、右太衛門の施設入所を巡って、息子の北大路欣也(当時56)が「冷血」「姥(うば)捨て」とバッシングされる騒ぎが起きた。

 通夜が明けての記者会見で「本人たっての希望で館山の老人ホームに入居した。大往生でした」と語った北大路の姿を、マスコミは美談として報じた。

 ところが、親族がこれに反発した。98年8月の引っ越し作業は「わしは行かん」と右太衛門が反対する中で淡々と進められ、それ以降、連絡が取れなくなったと主張。さらに、右太衛門が経済的に困っていたにもかかわらず、北大路が援助せず、家政婦が食費を立て替えて食べさせていたという情報まで飛び出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事