夏枯れ相場の今がチャンス 生活防衛「8月株主優待」23銘柄

公開日: 更新日:

「外食は、中国の鶏肉問題が尾を引いているので、株価下落の危険性を覚悟する必要があります」(市場関係者)

 せっかく優待券を手にしても、株価が下がっては本末転倒だが、中長期の保有を前提にすれば、外食系も捨てがたい。回転ずしのカッパ・クリエイトや牛丼の吉野家、長崎ちゃんぽんのリンガーハットなど、昼メシや家族サービスにピッタリの優待券が目白押しだ。

「夏枯れ相場は、長くは続かないと思っています。というのは、為替相場で円安傾向を指摘する声が高まっているからです。米国の景気復調を背景にドル買い・円売りが進むという予測です。1ドル=105円の見方も出てきました。日経平均は8月中に1万6000円をうかがう動きとなるでしょう」(倉多慎之助氏)

 6日終値は1万5159円。800円近い上昇期待だ。今仕込めば、株価アップと株主優待の両方を一度にゲットできるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る