「優良マッサージ店」の見分け方…悪徳業者では重症被害も

公開日: 更新日:

 マッサージでリフレッシュするはずが、体のあちこちを痛めたらシャレにならない。そんな被害が相次いでいる。国民生活センターによると、中には脊髄損傷で歩行困難になったり、肋骨を折ったりした重症例もあった。軽症例も含めると、13年度の健康被害は07年度の2倍の232件。相談件数も同2倍の1304件に上ったという。

 街には「マッサージ」のみのほか、「足裏・足つぼマッサージ」や「整体」「リラクセーション」「指圧」「整骨院」「治療院」など、マッサージの看板があふれている。

 本来、マッサージの看板は「あん摩マッサージ指圧師」の国家資格を持つ人しか掲げられないが、マッサージの定義が曖昧で、無資格業者がはびこっている。厚労省の調査で、有資格者は110店で、330店が無資格業者。4軒に3軒は悪徳業者だった。免許をチェックすればベストだが、外からマトモな業者を見極める方法はないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る