東京湾は4億円…雨で大会中止 残った花火玉はどうなる?

公開日: 更新日:

 ゆく夏を惜しむかのように、今週末23日にも秋田県の「大曲の花火」(1万8000発)や「千葉県流山花火」(1万発)が開催される。

 でも、ちょっと気になるのは雨天などで開催が中止になった場合のこと。使用されずに残った花火玉はどうなるのか?

「事前に中止が決まっていれば、別の花火大会や来年分として代用できますが、問題は直前に雨天中止となったケース。基本的にはすべて廃棄処分にします」(日本煙火協会・担当者)

 導火線が湿気でダメになってしまうと、花火玉は再利用ができなくなるためらしい。

 ということは、花火大会が中止になると、莫大な損失が出てしまうことになる。今月10日にも「東京湾大華火祭」(1万2000発)が台風11号の影響で中止になったばかり。大会予算は企業協賛金も含めて約4億円だった。ところが、世の中はうまくできたもので、「花火保険」というものが存在するので、実害はそれほどでもない。

 東京湾大華火を主催する中央区も保険に加入していて、「花火代や警備費用などの損失は、大半が保険でまかなえます」と説明するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る