東京湾は4億円…雨で大会中止 残った花火玉はどうなる?

公開日:  更新日:

 ゆく夏を惜しむかのように、今週末23日にも秋田県の「大曲の花火」(1万8000発)や「千葉県流山花火」(1万発)が開催される。

 でも、ちょっと気になるのは雨天などで開催が中止になった場合のこと。使用されずに残った花火玉はどうなるのか?

「事前に中止が決まっていれば、別の花火大会や来年分として代用できますが、問題は直前に雨天中止となったケース。基本的にはすべて廃棄処分にします」(日本煙火協会・担当者)

 導火線が湿気でダメになってしまうと、花火玉は再利用ができなくなるためらしい。

 ということは、花火大会が中止になると、莫大な損失が出てしまうことになる。今月10日にも「東京湾大華火祭」(1万2000発)が台風11号の影響で中止になったばかり。大会予算は企業協賛金も含めて約4億円だった。ところが、世の中はうまくできたもので、「花火保険」というものが存在するので、実害はそれほどでもない。

 東京湾大華火を主催する中央区も保険に加入していて、「花火代や警備費用などの損失は、大半が保険でまかなえます」と説明するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る