• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首都直下の引き金か 専門家が注視する埼玉、茨城の大地震

 埼玉を襲った地震は首都直下の前兆か。
 24日午後5時半ごろ、茨城県南部を震源とするM4・3の地震が発生し、埼玉県加須市で震度4、都内では中野区、杉並区などで震度3を観測した。

 専門家によると、東日本大震災以降、太平洋プレートが東から西に急速に動いていて、接するフィリピン海プレートとの間に大きなストレスがたまっているという。この境界の直下に位置するのが東京をはじめとする首都圏である。ヤバイことに、この境界周辺で地震が頻発している。24日に起きた地震も、そのひとつだ。

■プレートが一気にはね上がる可能性

 元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏(地殻変動解析学)が指摘する。
「プレート境界で地震が頻発し始めるキッカケとなったのが、今年5月5日(M4・2)の茨城南部の地震です。フィリピン海プレートの最北端であり、太平洋プレートとの接触部分で起きている。その後、8月までその周辺で集中して何度も地震が発生していて、そのたびに少しずつ接触部分が内側にもぐりこんでいる。このままでは、いずれ圧力に耐え切れなくなり、沈み込んだプレートが一気にはね上がってしまう可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

もっと見る