小笠原諸島・西之島 斜面崩落リスクで早まる首都直下地震

公開日:  更新日:

 東京・小笠原諸島の西之島新島の噴火、拡大の勢いが止まらない。

 東大地震研究所の前野深・助教らのチームは、「このまま溶岩の流出が続けば斜面が崩落する可能性がある」との分析を発表。島の東側斜面で、総体積の約4分の1にあたる1200万立方メートルが崩れた場合、東に約130キロ離れた父島に高さ1メートル超の津波が到達するという。

「昨年11月に小笠原諸島で起きた噴火によって『新島』が出現。この時の噴火は3・11の影響で太平洋プレートの滑り込み速度が加速し、フィリピン海プレートに潜り込んだ際、爆発して起きたとみられています。12月末に西之島とつながった後も、マグマの供給は活発です」(火山学者)

■東京ドームの約18倍

 国土地理院によると、体積は先月末時点で、約2220万立方メートル、東京ドームの約18倍になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る