• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小笠原諸島・西之島 斜面崩落リスクで早まる首都直下地震

 東京・小笠原諸島の西之島新島の噴火、拡大の勢いが止まらない。

 東大地震研究所の前野深・助教らのチームは、「このまま溶岩の流出が続けば斜面が崩落する可能性がある」との分析を発表。島の東側斜面で、総体積の約4分の1にあたる1200万立方メートルが崩れた場合、東に約130キロ離れた父島に高さ1メートル超の津波が到達するという。

「昨年11月に小笠原諸島で起きた噴火によって『新島』が出現。この時の噴火は3・11の影響で太平洋プレートの滑り込み速度が加速し、フィリピン海プレートに潜り込んだ際、爆発して起きたとみられています。12月末に西之島とつながった後も、マグマの供給は活発です」(火山学者)

■東京ドームの約18倍

 国土地理院によると、体積は先月末時点で、約2220万立方メートル、東京ドームの約18倍になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る