日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小笠原諸島・西之島 斜面崩落リスクで早まる首都直下地震

 東京・小笠原諸島の西之島新島の噴火、拡大の勢いが止まらない。

 東大地震研究所の前野深・助教らのチームは、「このまま溶岩の流出が続けば斜面が崩落する可能性がある」との分析を発表。島の東側斜面で、総体積の約4分の1にあたる1200万立方メートルが崩れた場合、東に約130キロ離れた父島に高さ1メートル超の津波が到達するという。

「昨年11月に小笠原諸島で起きた噴火によって『新島』が出現。この時の噴火は3・11の影響で太平洋プレートの滑り込み速度が加速し、フィリピン海プレートに潜り込んだ際、爆発して起きたとみられています。12月末に西之島とつながった後も、マグマの供給は活発です」(火山学者)

■東京ドームの約18倍

 国土地理院によると、体積は先月末時点で、約2220万立方メートル、東京ドームの約18倍になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事