• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

異常気象でWパンチ 家計を直撃する「値上げカレンダー」

 肌寒い日が続くと思ったら、懐が寒くなっていることに気づいた人も多いのではないか。1日から食料品の値段がまた一段と上がった。

 雪印メグミルクは、7月に続き、乳飲料「すっきりCa鉄」やヨーグルトなど乳製品7品目を5~10円値上げ。今月下旬の出荷分から「さけるチーズ」の量を約17%減らす。マルハニチロは、9年ぶりにさけ缶「あけぼのさけ」の価格改定に踏み切り、同時に60品目を10~30%値上げする。

 ゆでガエルのように家計は干上がっていくばかりだが、安倍政権発足後この2年弱で暮らしは確実にむしばまれている。缶詰や乳製品だけでなく、あらゆる品目で値上げが繰り返されているのだ。

■原材料高騰、円安、便乗値上げ

 経済評論家の広瀬嘉夫氏が言う。
「一斉値上げの主因は原油と小麦など原材料費の高騰と円安です。輸入コスト、生産コスト、輸送コストが膨らみ、価格転嫁をしないと経営が立ち行かないメーカーが増えています。円安はアベノミクスの副作用だし、日銀の異次元緩和による物価上昇に加え、消費増税のどさくさに紛れて、『便乗値上げ』した企業も中にはある。これだけ生活者の懐を痛めていても、株価維持のためだけに円安政策を続けるなんて異常です。これから『値上げ地獄の秋』が終われば、『家計崩壊の冬』が待っていると覚悟すべきです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

もっと見る