使い分けより集約 還元率1.5%超で選ぶ「最強クレカ」

公開日: 更新日:

「ポイント2倍」「年会費無料」――そんな誘いに乗せられ、家電量販店やらガソリンスタンドやらでついついクレジットカードを作ってしまうサラリーマンが多い。気づいたらサイフがパンパン…。でも、本当に得をしているのだろうか?

「カードは使い分けよりも、メーンカード1枚に集約すること。でないとムダです」と話すのは、クレジットカード研究家で「ポイ探」代表の菊地崇仁氏だ。

「たとえば、今『楽天カード』はポイント2倍とCMしていますが、楽天内の買い物で他社のカードを使っても、楽天ポイントが1ポイント(1%)つきます。しかも、自分のメーンカードにもポイントがつく。メーンカードの還元率が2%なら、合計で3%になり、結果、楽天カードよりも得なのです」

 部分的にポイントが高くても、カードを使い分けていると、結局は積み上げポイントが分散して、気がつけばポイント消費期限切れなんてこともあり得る。ポイントは貯めても使わなければ意味がないというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  6. 6

    水害に遭ったら…片付けと清掃作業の手順に「6つの要点」

  7. 7

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  8. 8

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道 強まるノ・ミヌ側の“売名行為”リーク説

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る