東北へも拡大 ラッシュ化する“デング熱台風”が襲来する

公開日:  更新日:

 先月の台風発生は1度きり。「8月に台風の発生が少ない年は、9月に増える傾向にある」(気象予報士)ともいわれるが、台風ラッシュはデング熱をさらに拡大させる。
 国立感染症研究所によると、蚊の飛行距離は8キロ程度という報告もある。

 国立環境研究所フェローの小野雅司氏はこう言う。
「蚊は台風や強風で大きく移動するとみられています。研究者の間では、台風によるデングウイルスに感染した蚊のさらなる“拡散”も心配されています。陸続きの国であれば、台風によって蚊は越境するし、東南アジアの諸島のような密集地では、島を越えて移動すると考えられている。今のところ東京近郊でしかデング熱の感染報告はありませんが、台風が東京近郊を直撃すると、通過の方向によっては東北~北陸地方への“拡散”は避けられないでしょう」

 今後も頻発するとみられる豪雨もヒトスジシマカの繁殖にとっては好都合である。

「ヒトスジシマカは水たまりや古タイヤのくぼみの水のたまった隙間に卵を産みます。豪雨のあとは、繁殖に最適な環境です」(小野氏)

 この1カ月は要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る