デング熱大感染 なぜ代々木公園が震源地になったのか

公開日: 更新日:

 デング熱感染者が日に日に増え続けている。1日、千葉や茨城など6都県で新たに19人の感染者が判明。国内の感染者は合計22人となったが、気になるのは全員が東京の代々木公園を訪れていたことだ。

「王様のブランチ」(TBS系)でリポーターを務める青木英李(25)と紗綾(20)の感染も8月21日の同地でのロケ中に蚊に刺されたことが原因とみられる。蚊が繁殖しやすいのは、草木や池の多い場所。そんな場所は都内にゴロゴロあるのに、なぜ代々木公園が「パンデミックの震源地」となったのか。

 代々木公園は54万平方メートルと広大な敷地で、売店や野外ステージ、イベント広場などが備わっている。夏場は毎週のようにコンサートやフリーマーケット、グルメイベントなどが催され、中には東南アジアや南米、アフリカの人々が参加するものもある。


■観光客、旅行客が交流

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る