デング熱大感染 なぜ代々木公園が震源地になったのか

公開日:  更新日:

 デング熱感染者が日に日に増え続けている。1日、千葉や茨城など6都県で新たに19人の感染者が判明。国内の感染者は合計22人となったが、気になるのは全員が東京の代々木公園を訪れていたことだ。

「王様のブランチ」(TBS系)でリポーターを務める青木英李(25)と紗綾(20)の感染も8月21日の同地でのロケ中に蚊に刺されたことが原因とみられる。蚊が繁殖しやすいのは、草木や池の多い場所。そんな場所は都内にゴロゴロあるのに、なぜ代々木公園が「パンデミックの震源地」となったのか。

 代々木公園は54万平方メートルと広大な敷地で、売店や野外ステージ、イベント広場などが備わっている。夏場は毎週のようにコンサートやフリーマーケット、グルメイベントなどが催され、中には東南アジアや南米、アフリカの人々が参加するものもある。


■観光客、旅行客が交流

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る