デング熱大感染 なぜ代々木公園が震源地になったのか

公開日: 更新日:

 デング熱感染者が日に日に増え続けている。1日、千葉や茨城など6都県で新たに19人の感染者が判明。国内の感染者は合計22人となったが、気になるのは全員が東京の代々木公園を訪れていたことだ。

「王様のブランチ」(TBS系)でリポーターを務める青木英李(25)と紗綾(20)の感染も8月21日の同地でのロケ中に蚊に刺されたことが原因とみられる。蚊が繁殖しやすいのは、草木や池の多い場所。そんな場所は都内にゴロゴロあるのに、なぜ代々木公園が「パンデミックの震源地」となったのか。

 代々木公園は54万平方メートルと広大な敷地で、売店や野外ステージ、イベント広場などが備わっている。夏場は毎週のようにコンサートやフリーマーケット、グルメイベントなどが催され、中には東南アジアや南米、アフリカの人々が参加するものもある。


■観光客、旅行客が交流

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る