日本をペット長寿国に!寺門ジモン、杉本彩が広報大使に就任

公開日:  更新日:

ギネス歴代長寿トップ3に日本の犬と猫は圏外

 高齢化社会の中、人間だけでなく、ペットの高齢化も進んでいる。しかし日本は、平均寿命83・7歳が世界で最も長寿であることがギネスに認められるなど、人間においては世界に誇る長寿国でありながら、ペットにおいてはとても長寿国とはいえないのが現状だ。そこで、ペットの健康的な長寿を実現し、日本がペット長寿国ナンバーワンになることを目指す「ペット長寿プロジェクト」が発足。11日に発表会が行われた。

 ギネスの歴代長寿犬猫のトップ3はオーストラリア、アメリカ、イギリスのいわゆるペット先進国が占めており、日本からの登録はない。また、日本のペット保険の加入率はわずか3・9%と、ペットケアもイギリスやスウェーデンなど海外から後れをとっている。
 日本における犬、猫の飼育率は、犬15・81%、猫10・14%(2013年ペットフード協会調べ)。子供の数を超える約2000万頭の犬や猫が飼われているが、そのうち、一般的にシニアと呼ばれる7歳以上の犬猫が半数に上る。シニアペットが増加傾向にありながら、ペットケアが遅れている日本では、ペットの高齢化による介護問題が社会問題となっている部分もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る