日本をペット長寿国に!寺門ジモン、杉本彩が広報大使に就任

公開日:  更新日:

ギネス歴代長寿トップ3に日本の犬と猫は圏外

 高齢化社会の中、人間だけでなく、ペットの高齢化も進んでいる。しかし日本は、平均寿命83・7歳が世界で最も長寿であることがギネスに認められるなど、人間においては世界に誇る長寿国でありながら、ペットにおいてはとても長寿国とはいえないのが現状だ。そこで、ペットの健康的な長寿を実現し、日本がペット長寿国ナンバーワンになることを目指す「ペット長寿プロジェクト」が発足。11日に発表会が行われた。

 ギネスの歴代長寿犬猫のトップ3はオーストラリア、アメリカ、イギリスのいわゆるペット先進国が占めており、日本からの登録はない。また、日本のペット保険の加入率はわずか3・9%と、ペットケアもイギリスやスウェーデンなど海外から後れをとっている。
 日本における犬、猫の飼育率は、犬15・81%、猫10・14%(2013年ペットフード協会調べ)。子供の数を超える約2000万頭の犬や猫が飼われているが、そのうち、一般的にシニアと呼ばれる7歳以上の犬猫が半数に上る。シニアペットが増加傾向にありながら、ペットケアが遅れている日本では、ペットの高齢化による介護問題が社会問題となっている部分もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る